ご挨拶

兵庫医科大学新教育研究棟建設事業募金のお願い

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

皆様方には、平素より、学校法人兵庫医科大学の充実・発展のために深いご理解と多大なるご協力を賜り、衷心より厚く御礼申し上げます。

さて、平成24年度からスタートしました開学40周年記念事業も3年が経過し、平成25年4月には“急性医療総合センター”が開設され順調に稼働いたしております。

また、平成27年度からは本記念事業の最大のテーマとして、老朽化が進んでいる現大学施設に代わる耐震性の“新教育研究棟”の建設を予定しております。

しかし、計画立案後に発生した東日本大震災や、東京オリンピック開催に向けた建設需要の高まり等の影響による建設費の大幅な高騰、更には消費税率の改定等により、当初予定しました建設総事業費が110億円から158億円へ大幅に急騰し、本法人としても改めて財務計画の見直しを行わざるを得ない状況になりました。

財務計画の見直しに当っては、人件費や経常経費の節減はもとより大学病院の更なる収益力の強化、ささやま医療センターの収支の改善、更に、健康医学クリニックの開設など多様な自助努力により資金源泉を求めるべく、法人一丸となって取り組んでいるところでございますが、道遠しの感は否めないところでございます。

したがって、本学が重い社会的使命を担った高質の医科大学として、教育・研究・診療の充実を図っていくためには、施設面での大学環境の新たな整備は必須の課題であることを皆様方に充分に理解・共感していただき、善意の浄財を切にお願いする次第でございます。

どうか、本趣旨についてご賢察のうえ、“新教育研究棟建設事業募金”としての更なるご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

謹白

平成27年4月 吉日

学校法人 兵庫医科大学

理事長
新家 荘平
兵庫医科大学学長
中西 憲司