寄付のお申し込み(税制上の優遇措置 個人の皆様)

税制上の優遇措置

寄付金控除制度については、下記2種類のどちらか有利な制度を選択いただけます。

確定申告の際、2011年に新たに導入された「税額控除制度」もしくは、これまでの「所得控除制度」の2つの制度から免税効果の高くなる一方の制度を選択し、税の還付を受ける ことができます。

税額控除制度(2011年に新たに導入された寄付金控除制度)
寄付金額から2千円(税額控除額)を引いた額の40%が、税額控除対象額となります。寄付金額を基礎に算出した控除額を、税率に関係なく、税額から直接控除するため、小口寄付の減税効果が高くなるのが特徴です。
税額控除制度(2011年に新たに導入された寄付金控除制度)
※1 寄付金額は総所得金額等の40%までが税額控除対象額。
※2 控除対象額は所得税額の25%を限度。
所得控除制度(既存の寄付金控除制度)
寄付金額から2千円を差引いた金額が所得金額から控除できる制度。所得控除後、所得金額に応じた税率を掛けて税額を算出。所得控除を行った後に税率を掛けるため、所得税額が高い高所得者の減税効果が高いのが特徴です。
所得控除制度(既存の寄付金控除制度)